nihil

サークル「nihil」です。ゲーム攻略記事等を掲載します!

ゲーム ダビマス 攻略

【ダビマス】見事な配合の効果検証 配合理論がパラメーターに与えるボーナスを検証してみた【検証】

2017/04/17

やまどりです。ダビマス生活いかがお過ごしでしょうか?

以前の記事で、クロスのない良くできた配合と、配合理論が成立しておらずクロスもない配合を比較したとき、目に見えるほどパラメーターに違いは現れなかったということをご報告しました。

つまり、良くできた配合の効果はあくまで「クロスしている因子に与えるボーナス」にとどまるのではないかと。

そして公式の用語集によりますと、見事な配合は良くできたよりもクロス因子が発現しやすくなる…とのこと。これを総合しますとクロスの存在しない見事な配合に意味はないのでは…

が、しかしです。それにしては、単なる優良牝馬と見事な配合、クロスは底力程度…の仔馬の能力が高いような…いやでも完璧な配合で弱い馬もおるしな、と。

そこで、じゃあ実際に見事な配合と配合理論不成立の配合を比較してみよう、ということで、検証いたしましたのでご報告します。

実験材料

ちょっと追試の難しい材料で恐縮なのですが、今回はわたくしやまどり牧場の自家製牝馬、及び自家製牡馬を利用しました。

ディープインパクトの子供たちを分派させて自家製×自家製を可能にした系統になります。

この自家製牝馬、および牡馬は、因子表に因子は一切記載されていない馬たちになります。したがって、配合理論に因子の影響は殆ど無いと言って構わないでしょう。

利用しました牝馬はハラグチーズ。☆5の自家製種牡馬を父に持つ自家製牝馬で、ステータスは以下のようなかんじ。

成長 スピ スタ 根性 気性 体質 ダート
2 C E C C A E

そしてこれに付けた種牡馬権はこれと、

これ。

正確にはこれと同じく自家製の兄弟馬を合わせて利用しました。

 

実験結果!

生まれた子供たちはこんな感じ。

 

まずこちらが見事な配合。もう1頭つけたのですが、スクショを撮り忘れる痛恨のミス。そちらもスピードB、スタミナEは共通していました。

スピードC、スタミナEの牝馬に、実績C 安定Cの種を付けて、3頭ともスピードBというのは意外な結果であります。これが見事配合の力なのでしょうか?

そして祖先馬にクロスはあるものの因子は持たない配合理論ナシのほうの配合。

こちらクロスしている祖先馬はほぼ同じ自家製血統となっております。

結果はこちら。

 

 

3頭とも見事配合産の馬にくらべて、一律に能力が低下していることがわかります。

安定Cであること、クロスしている馬に多少の違いがあり、十分な回数の追試ができていないという難点はありますが、今回の計6回のテストを総合しますと、

見事な配合は、配合理論不成立の配合(≒クロスのない良くできた配合)に比べて、仔馬の能力にボーナスがある

と言って差し支えないでしょう。

ですから私たちは、どこまでも見事な配合以上の配合理論を目指すべきであるということがわかりますね!

 

種牡馬能力 仔馬能力
 繁殖牝馬 種牡馬 配合理論 因子クロス 実績 安定 レア度 スピ スタ 根性
ハラグチーズ スガノナカイ 見事な配合 なし C C 5 B E C
ハラグチーズ スガノナカイ 見事な配合 なし C C 5 B E D
ハラグチーズ スガノナカイ 見事な配合 なし C C 5 B E C
ハラグチーズ スガノヨシダ なし なし C C 5 D E D
ハラグチーズ スガノヨシダ なし なし C C 5 C E C
ハラグチーズ スガノシンノスケ なし なし C C 5 D E C

-ゲーム, ダビマス, 攻略